2012年3月30日金曜日

世界ふれあわない街歩き(ヘルシンボリ編)

(まず別窓でこちらクリック必須♡BGMにしてちょうだい)

牧瀬◯穂風

青い空っ!

青い海っ!

心地いい風っ!




あぁなーんて美しいんでしょうっ!
うーん、気持ちいいいい!!!


あ、鳥さんだっつ。 
鳥さ〜んっ!
おはよ〜うっ!
高いところから世界が見れて、う〜ん、楽しそうだな。

今日はスウェーデンの港町、デンマークに一番近い街ヘルシンボリでの街歩きです。
さー、今日はどんな出会いが待ってるんだろ。
わくわくするなぁ。
(だからさー、牧瀬◯穂風に読んでちょうだいよね。( ーoー)y-~~~)


城門☟。わー、なんだか頑丈そう♪(当たり前なコメが多いこの番組)
城門の間から港を眺めます。
うわぁ、気持ちぃぃぃ。


港に降りてみると・・・☟。
あ、人だっ。ちょっとお話聞いてみよ。(この番組見たことある??)

こんにちは〜!
こんにちは〜!

日本から来ましたぁ。何やってるんですかぁ??

・・・あ、行っちゃった。


とっても開放的で気持ちいい。
ふ〜〜ん。胸いっぱいに空気吸い込んで・・・。
現在のスウェーデン国王の先祖バルナデット公を載せた船が上陸した港なんですって。今の国王の先祖はフランス人なんですねぇ。 


ボンジュ〜ル♡(だから牧瀬風)




お馬さんに乗ってる銅像だけど、誰だろう・・・。☟

軍人さんかな。

この地方を統治したマグナス・ステンボックさんだって。
こんにちは〜! 
いつも港を見れていいですねーっ!
寒くないのかなー、でも強いんだろうなー。(おいおい牧瀬っ)


☟うわぁ、フルチ◯に踏まれてるクビだぁぁ。
屈辱的でなんだか痛そうだな。

すいませ〜ん♪
パンツ履いてあげてくださ〜い。



素敵なカフェ☟。
ヘルシンボリはコーヒーがとっても美味しいんですって。
コーヒー専門店が何件もあるらしいの。うわぁぁ♡
カフェでみんな楽しそう。 いいなぁ(意味不)。
あ、出て来た人にお話きいてみよ。

こんにちはーっ!

こんにちはーっ!

日本から来ましたー!

え?版画家で音楽家でいらっしゃるんですか?クリック
ちょっとお宅にお伺いしてみていいですか?
え?また次回?
(し〜ん)・・・・・・うわぁぁぁ、楽しみだなーっ。


☟ふ・る・ほ・ん・屋さんかな?(だからこの番組、見てよ)
あーっマルメの写真集っ!しかも60年代初期!
60クローネだって。買っちゃおうっ。
おじさーん、これくださーいっ。
うわ、買っちゃった♡



☟わんちゃんのぬ・い・ぐ・る・み?(うざっ)

近づいて、み・る・と(☜ウザっ)
うわぁぁぁ!ぬいぐるみが動いたーっ。
びっくりしたなー。
わんちゃんも日向ぼっこ。う〜ん、気持ちよさそう。
こんにちは〜〜〜♪
こうやって街をじっと見てるんだねー(痒っ)


☟羽の生える木?
なんだ?なんだ?
「スウェーデンではイースターに羽の生える木を飾る習慣があります。」
へぇ、そーなんだ。綺麗だなー。

羽さ〜〜〜んっ!


☟あ、寝てる人がいる。
心地良い太陽。
そよぐ風。
おじさんもひなたぼっこ。
おじさ〜んっ!
こんにちは〜〜〜〜♪
風邪ひかないで下さいね。



☟アーティスティックな建物。
落書きかなぁ?
落書きはやめてくださーいっ。
でも建物にしっくりきてる。


ゆうぐれ・・・。
港に大きいフェリーが到着しようとしてます。
デンマークのヘルシンノルまで4キロ。
たった20分でお隣の国に行けていいな♡

さよーならぁ!!
さよ〜なら〜〜〜〜!
今日もたくさんの出会いをありがとー。

 Ω\ζ゜)ちーん



2012年3月27日火曜日

Fisksoppa(おすすめしませんシリーズ♡)

添えてあるのはアイオリよ

今日はとってもお天気が良くて、陽気も完全に春だった。
おさーんが昼休みにルンドの中心まで出ると言うので(昔は町中にオフィスがあったのだが今はルンド郊外にあり、中心に出る機会はほどんどない)あたしもマルメから10分グリーン車で(ないからグリーン車)揺られて行くことに。
お目当てはこのFisksoppa。
fisk=fish soppa=soup 
フィスクソッパ、なんだけど発音する時に「フィスクソォーパぁぁ」と「パぁぁ」のところにもストレス置くとよろしいかと。(あぁ、教養の高いブログ)

スウェーデン、このテのものは確実にほぼみんな塩辛くて最後まで絶対に食べられた試しがないのに、ルンドの市場(最近改装されて非常に綺麗になった)の魚屋に併設されたレストランのこの魚介スープは塩味もクリーミー加減も丁度良い。
2ヶ月に一回は食べたくなる・・・かもかも。

でも、あたし、これを皆様に格別お薦めしているわけじゃありません。
以前に何度か書きましたが、あたし食べ物は「ご紹介」はしますけど「お薦め」はしません。おほほ。何回も言うなって?
お友達が作った餃子が美味しかったら舐めるように褒めるけど、レストランのものは責任追わされているみたいで、やたらめったら書けないのよ。
あ〜た、それを証拠にロンドン在住の和式マダムの皆様がお書きになられる「ロンドングルメ評」なんて、半分もI don't fuxking agreeよ。なにがロンドンで一番美味しい小籠包だよっ!ばかっ!つか、こんだけ大金払ってるんだから「ふわぁっふわでとろけるような口当たりぃ。もう病みつきです。」ぐらいであたりめーだろ、って声を大にして言えたらどんだけ幸せかしら。人の味覚はそれぞれに違うもの。でももしそのお薦めを頂いた時に想像しているものよりも劣っていたらやっぱり気分悪くなるもんなー。
ちなみにあたしお口に入って腸が消化できるものならなんでもいただきまうす。ただそれをことさら美味いと褒める感覚が判らないってだけ。

このスープも別に大したこたぁないんだけど、まぁ、お魚屋さんがやっているので魚がとても新鮮だということ、魚の切り身がこれでもかと入ってること、塩辛くないこと、かなり満足できる量なこと、美味しいふわっふわの焼きたてのパンとサラダが食べ放題なこと、ウェイターの兄ちゃんがまたまたお約束かおっ!ぐらいイケメンなことぐらいしか特筆できず・・・だからなに?って感じでしょーっ!がはは。
Ω\ζ゜)ちーん
普段美味しいもの食べてばかり、☆の数ばかり気にされていらっしゃる舌の肥えたグルメのあなたにはとてもとても・・・おほーほーほーw。
だから「スウェデンに住んでるおかまのブロクですっげ薦めてた」とか絶対に言わないようにw

ランチタイムは激しく混んでいる


一応万が一のために(?)リンクしておきますけどね(爆)
Malmstens Fisk
(このサイトの写真の美しいことといったらっ。勉強なるわーぁ。)
ちなみにお値段95SEKです。席について注文したときにお金払うのよ。
さらにちなみにDagens(日替わりメニュー)の焼き魚なども新鮮で塩加減も最高、「あら、醤油持ってくりゃよかった♡」って感じだけど・・・・お薦めしません Ω\ζ゜)ちーん




その隣の肉屋でうちの老人(爆)が巨人にオーダーしてます。微笑ましいです。

2012年3月26日月曜日

みっとみないっ

ラナンキュラスって名前知らなかった


みっとみない・・・
志摩の方言で「みっともない」もしくは「大人げない」という意味。

今日自転車を買った。
マルメは微妙に広い街。歩くと遠くバスに乗るとあっという間、距離にすると4キロ四方の行動範囲(マルメ市全体はもっと広いけど)なので自転車が丁度いいのよ。
写真は後日アップしますけど1950年代に作られたらしいボロボロの軍用自転車です。
階段なんて絶対に持って上がれないだろう、人の死体ほどもある重さなのよ。
丈夫そうだし、円換算しても9000円ぐらい。またそのデザインのレトロ具合も良い塩梅だったので思わず衝動買いしてしまいました。
気に入ったから良かったものの、またここで自転車買うぐらいだったら日本で乗っていたやつ持ってくればよかったわー。東急ハンズで買った2万円弱の自転車だったけど小さくて丈夫だったのよ。
あぁ、あの自転車、本当に可哀想なことしたわ・・・・。
こころが「じょりっ」と錆び付いた音を出す。

で、ここでその「みっとみない」に戻ります。

あたしはその自転車を麻布時代に住んでいたマンションの守衛さんPさんに「お世話になったので」ということで差し上げたの。Pさん、大変喜んであたしとの別れを惜しんで下さった、までは良かったんだけど・・・。
ある日マンションに帰ってみたらPさんと管理事務所のM(嫌いだったので呼び捨て)が事務所の中で大声で喧嘩している。
Pさん:「これは、わたしがまぁちゃんさんから直接もらった自転車ですっ!」
M:「そんなこたぁしったことかいっ!Gさん(うちのおさーん)が『引っ越す時は持っていけないからここに置いて行く』って言ってたはんでっ。ここに置いて行くってことは管理会社がもらったってことだはんで。Gさんが家主だっぺ。家主の言うことは絶対だ。だからこの自転車はおれがもらっとく。」
50はとーに過ぎたええ大人ふたりが自転車一台を巡って下手なドラマの脚本みたいな台詞を吐きながら真剣に喧嘩している。
あたし:「あたしはPさんにあげたのよ。きっとうちのもそれで良いって言うと思いますので。Mさんも、なに?、自転車欲しいのぉ?」
M:「いや、別に。道理を言ったまでだ。そうやって言うなら、しかたねーなー。」
(これちなみに脚色なしでお送りしています)

で、一件落着かと思いきや。
あたしがロンドンに引っ越した数ヶ月後にPさんから突然メールが来たの。
「Mのヤローがあの自転車持ってっちゃったんです。あいつぶっ殺してやりたい。」と。
あたしゃびっくり。
何にびっくりって・・・こいつらの程度の低さに。 お育ちの悪さに。意地汚さに。
もうアホ以上のおっさんたちのアホみたいな諍いに関わりたくなかったので
「火傷したと思ってあの自転車のことはあきらめてください。あたしには何にもできません。あたしが謝るのもなんだけど、ほんとごめんなさいって。」ってメール書いておいたわ。
その後Pさんは労働時間に株取引をしてたりビール飲んでたりしてクビに。
目くそ鼻くそ耳くそ尻くそたーこのことだよっ!!!
あぁこんなことならあの自転車、ロンドンまで持って来たらよかったよっ!

あぁ、みっとみない。

ちなみにずーっと書きたくて書いてなかったんだけど、バブル時代の名残りかなんか知らないが、この東京の外人マンションの管理人の人達は往々にして日本人を逆差別する風潮がデフォルトであるらしく、あたしは入居した瞬間そのMから「あんたラッキーだね。うちなんか過去20年有色人種入れて事ない、ってのが自慢だったんだよ。」って言われたのよ。 これあたしに法廷に持ち込まれなかっただけありがたいと思って欲しいわ。
そこから決して楽しいというだけでは語れない、複雑な東京生活が始まったのよ。

内見した、とある目黒五本木のアパートの管理人なんて、
「あんた、誰か外人と住むんだろうなぁ。ここなんて台所から何から外人仕様なんだよ。あんた西洋式の暮らし方なんて知ってんの?」って。あぁそのアパートここでグーグルマップでリンクしてやりたい。
その帰り道そこに連れて行った不動産屋に「あんなところに二度と連れて行かないでっ!」と彼女がベソかくまで叱りとばしたけれども・・・。
あら、あたしもみっとみないかいなぁ?

2012年3月23日金曜日

餃子、それは愛の味

親子でお話しながら楽しく餃子作ったりしたら子供はグレません


パリのオペラ座のバイオリニストLisaちゃん(右下に彼女のブログリンクしてあります)が彼女のハイスクールの友達でこの地方に長く住んでいらっしゃるという和式令嬢のBちゃんを紹介してくださった。
Bちゃんも音楽家です。
このスコーネ地方、日本人が少なくて紹介されない限り道で日本人を見るってことも本当に稀(だから好きってのあるわ、がはははは)。
ここに来たばかりで寂しかろうと、お会いしたこともないのに夕餉に呼んで下さったの。泣いちゃうぅぅぅ。知らない人いきなり招き入れて、あたしがおかまの皮をかぶった強盗だったらどうすんの。ねぇ。


マルメから電車に揺られて北へ45分。
おハイソな方が多く住むというヘルシンボリという街まで行ってきました。
ここはデンマークまで海峡を隔てて4キロしかないのよ。
などと書くこといっぱいありそうな街なので、またそのことは次回♡

Bちゃんのお嬢さんのMちゃん10歳と3人で餃子を包んだはいいけど、あたしまるでダメ。どっからどう見ても現代アートなAシンメトリーな餃子になっちゃうんだわ(涙)。
餃子作ったことあるのに、こうやってBちゃんみたいに丸く綺麗に包めないの。
3つで断念して、特別大サービスで頼まれてへんのにずーっとお話させていただきました Ω\ζ゜)ちーん


中央に見えるブッサイクな奴何個かがmade by meよ



で、この餃子なんだけど・・・・・。
あたしゃ食べる前から、
「この餃子すごく美味しかったです。うふ♡」とかいう幾分社交辞令入ったシラこい口調で(☜わかる?w)ブログのネタにでもしてアップ遅延回避なんて思ってたけど、あーた、この餃子が・・・。
あたしが人生で食べた餃子の中のひょっとして一位あげてもいいかもしれない。
銀座天龍を抜いたといっても過言じゃないぐらいの、ええ具合の皮のもちもち加減と餡のジューシーさのハーモニー。一口で口に入れられる最大値を計算し尽くされた丁度良いサイズ。噛んだ時に口の中にほとばしる愛の汁(☜これおっけ?)
餃子の黄金比を完璧なまで体現した餃子だったのだ。(書いてて臭っ)
(;´༎ຶД༎ຶ`)
これ、ほんと。
あたしゃこの餃子に巡り会うためにわっざわざ北欧にきたんじゃないかしら(大袈裟杉)。

4つ星にも勝ってるよ

今度これの作り方教えていただく約束を強制的にとりつけ、餃子20個(ぎゃーっ)赤坂さんもびっくりな早さで食い逃げしてとっとと帰って来たのだった。
あぁ、餃子の名店も見つけたことだし、マルメの生活も楽しくなってきたじゃないの(爆)。
BちゃんとMちゃん母娘、本当にありがとうっ。 毎週呼んで。Ω\ζ゜)ちーん

2012年3月19日月曜日

スニフ♡

あたしゃムーミンに出てくるスニフが大好き♡
スニフとミーが登場するだけで場がなごんで子供心にほっとしたの覚えています。
ムーミンって児童アニメにしてはちょっと怖いところあったでしょう?
ムーミンの声優の今は亡き岸田今日子さんがあの独特のビブラートの声で「ねぇ、スナフキン・・・」って言うだけで哀愁を帯びてたわよね。
あぁいう質の高いアニメーション、もう作られないのかしら。

このフィンランドはアラビア社の(現在イーッタラ傘下)のムーミンシリーズのスニフマグを見た時は思わず衝動買いしてしまいました。
ニャンコを抱いてるスニフが愛くるし過ぎて涙出てくる・・・。



北欧の食器・・・。ハマりそう。
グスタフスベリのアウトレットとかわざわざ行っちゃいそう(汗)。

2012年3月16日金曜日

コペンハーゲンデビュー

今の時期何が綺麗かって、あーた、チューリップよ


マルメにある東洋系のマーケットには美味しい日本米がおいてなくて、今日はわんざわざ160クローネ(約2000円)も出すて隣町のコペンハーゲンさ、買い出しさ行っただ。
今回マルメに引っ越してきて初めてのコペンハーゲン。
マルメから丁度30分でコペンハーゲン中央駅に到着します。
(マルメには一軒日本の方が経営している「てんとうや」さんてのがあるんだけど今移転中とやらで閉まっている )

で、コペンの東洋系のマーケットに行ったらロンドンやパリとはまでは言わないけど、まーまー必要なものが置いてあって、わざわざ来たかいがありました。
どうしても日本製、もしくは外国製でも美味しいゴマ油が欲しかったので、デン人の店員さんに聞いたら「あたしじゃわかりませんから日本人の店員呼んできます。」と。
そしたら久々に「うわぁっ!海外が長そうっ!」系(意味不)の和式おねーさんが出てきて、お話聞いてくれたはいいんですけど、その会話がちょいと珍妙で、はたまた朗らかで、一発でファンに♡

「このカ◯ヤのごま油2本買うんだったらこちらのシラ◯クの缶入りの買われたらどうですか?お得だとおもいますよ。味ですか?わかりません(Ω\ζ゜)ちーん)。あたしゴマ油はこっちの小さいの(中国製)しか使いませんの。それおためしされた後、是非感想聞かせて下さいねーっ♡」
って、おいっ!!

この珍妙さ加減、如実にお伝えできないのが残念っ(爆)。
また、明日も行ってお話したかーっ。ナマ日本人と喋るの3週間ぶり(涙)。

でもよ、米とごま油で約4500円。
あーた、北欧に住むって大変なんでござーますのよっ!
米が重過ぎて、いろいろ行けず(;´༎ຶД༎ຶ`)帰り道中央駅前のアンデルセンでメロンパンだけ買って帰ってきました。
コペンの滞在時間約50分。Ω\ζ゜)ちーん

先ほど買って来たごま油で中華サラダ作ってみたらわるぐねわるぐね。
ありがと、おねーさん♡

このうちの古ぼけ感がかなり気に入っています

2012年3月13日火曜日

変な人はそれなりに・・・

この質実剛健な建物群が好き


書くことあんまないのよ、マルメの新生活。
っていうか、いっぱいありすぎてどれから書いていいのかわからないっていうのある。
Ω\ζ゜)ちーん
書こうと思ってたら3・11でちょっと沈んでたり、またマルメって良い所ねー、などと書いて「不謹慎」なんて言われかねないわー、とか思ったりで機を逸してしまいました。

そんな今日はロンドンの友人ファビュラス・テオに起ったすごいこと書きます(そんなすごくもないけど)。
テオの家にはゲオルグという超イケメンの(ここ関係なしね)ルームメイトがいて、彼は正規のルームメイトなんだけど、もう一人ヨハネスっていう子がいて、その子は正規のルームメイトじゃない、所謂大家さんが知らないルームメイトなわけ。
他人に大家の知らないところでお部屋を貸したりするのは法に触れるのだけど、2ヶ月ぐらいまぁいいかってことで泊めてあげてたの。

で、そのテオの隣にはちょっと風変わりなおばさんが住んでて(ユダヤ系)テオを見るなり捕まえては長話し始めるからテオはかなり面倒くさく思って避けてたの。
そしたら2週間ほどまえアパートの入り口でばったり会ってしまった時にそのおばさんが
「あなたのアパートに、もう一人男の子が住んでるでしょぉ。あの子正規の入居者じゃないでしょぉ。あ、べつにあたし大家に通報しようってわけじゃないのよ。でもそれ大家に知られたらほんと大変なことになるわよね。だからこれ二人のヒミツにしておきましょうねぇ。あなたも気をつけてね。ふふふふ。」なんて言ったらしいの。
で、テオはその会話に何か一抹の嫌なもんを感じたらしく、一応大家に「ヨハネスって子が泊まってるけど、彼からはちゃんと家賃をもらっていて、しかもそれによって自分たちは儲けてるわけじゃない。」ということを言っておいたわけ。
そしたら今日その大家がテオに電話してきて
「今日変な電話が匿名でかかってきたわよ。あなたのうちに男の子が一人住んでて、それは住人としてルール違反だと思う。それなりの対処をしてほしい。って内容だったわ。今聞かせてあげるわ。」とプレイバックしたら、案の定そのおばさんが変な声色使って受話器に唾飛ばさん勢いで「ルール違反を犯してる住人がいる!」って内容だったっていう・・・。

「『二人のヒミツにしておきましょうねっ』」ってあのクソババァ!!!こんなこと大家に言って自分が得するわけじゃないのに、わざわざ電話しやがって。先手打っておいて良かったわっ!」とスカイプのマイク壊しかねない勢いで罵るテオのことはなだめたものの、そういう「単に理由もなくただ暇な意地悪」な人が世間は案外多いのよ、ということもいろいろ教えておきました。
ちなみにその人、クリスマスにテオになんと「ウェイトローズ(英国のスーパーのチェーン)のビニール袋」あげたっていう。
Ω\ζ゜)ちーん

「やっぱり変な人は良い人であっても一応気をつけたほうがいいみたいねっ!」っていうのがあたし達の結論だったのです。
おあとがよろしいようで♡

窓からの光の量がはんぱないの♡

三崎で買った二升瓶と音大の卒業証書(爆)いつも一緒に引っ越して来てくれてます(涙)