2012年7月29日日曜日

ちょこっとKalmarへ

カルマル城

廻りのスウェーデン人から「夏なのにどこも行かないの?」とよく聞かれます。
7月8月はスウェーデンのみなさんがこぞって避暑に行く時期。
この北方の国で「避暑」なんて笑っちゃうんだけど、この国では国内に別荘を所有している人が非常に多く、酷暑でもないのに夏気分を盛り上がるために「避暑」に行くらしい。
ということで、あたしたちも電車で3時間揺られて東海岸(ニューヨークみたい)のカルマル(Kalmar)とエーランド島(Öland)のボリホルム(Borgholm)に行ってきました・・・ってどこだよ、それ。
地図確認。


大きな地図で見る



ファビュラスな南仏行ったばっかりだし、さして何の期待もなく行ったカルマルだけど、強い夏の日差しとカラッとしたお天気に恵まれて、思いがけずノスタルジックな気分に襲われて、非常に心に残る旅になりました。
カルマル旧市街。古き良きアメリカっぽい。

カルマルの旧市街は日本やアメリカが忘れちゃったような1950年代の古き良きアメリカ的香りのする街並なの(本当はもっと古いんだけど)。
城壁に囲まれるように出来た旧市街は縦横が碁盤の目ようになってます。
もともとカルマル同盟が結ばれた場所として北欧史には欠かせない有名な街。
お恥ずかしながらカルマル同盟もマルグレーテ女王ヴァーサ家も知らなかったあたし。
この国に住まわせていただきながら、ここの国の歴史に明るくなく、穴があったら入りたいわよ。うちのおさーんですら大阪城を建てた人の名前知ってるのによぉ。
カルマルの歴史がいろいろ判るカルマル城へは是非。従業員がすべて中世のコスチュームでその雰囲気を盛り上げてました。中世の吟遊詩人やら乞食までいてびっくり。
木馬に噛まれる少女

ボリホルム城


二日目はバスでエーランド島に行きました。
エーランド橋という全長6キロにも及ぶ橋がかかっていて、カルマルからエーランド島の街ボリホルムまで1時間弱(101番のバスでどうぞ)。
あたしたちはバスで行ったけど、是非レンタカーで行く事をお薦めします。
ニルスの不思議な旅で巨大な蝶が座礁して出来たとして紹介されているこの島。古い風車やハイキングスポットが点在していて、いろいろ立ち寄りながらゆっくり行きたい場所です(すげガイドブック口調なあたしw)。
しかもバスだとこの美しいエーランド橋の手前で降りてその壮麗な姿の写真が撮れないのも難点。
城主

ボリホルムでは唯一「ボリホルム城」を見学して、まちのメインストリート(お祭りでもないのにお祭り騒ぎ)でしょっからい(でたっ!)ピザ食べただけ。それでもなんだかんだで半日いました。
1803年の火災で焼け落ち、石の土台だけ綺麗に残っているボリホルム城跡なんだけど火災って怖いのねー。石の土台って焼けなくていいわねぇ、なんて余計なこと考えながら中身を見学。そこからスウェーデン本土を望む絶景、美しきかな。


ちょいとハイキングもしてみた


それにしてもこのスウェーデンの夏の聞きしに勝る美しさよ。
草花はもとより、人間までもがキラキラと光り輝いているようよっ(お肌や髪の毛が明る過ぎる人達でカメラの測光するの、難しいわーw)。
スウェーデンの人が「あの暗くて寒い冬を耐えるかわりに、この美しい夏があるんだ」と口をそろえて言うだけのことあるわっ。
まるで「夏の基本形」。


マルメに戻る電車に揺られながらふと考えた。
2年前までスウェーデンという国のことを集中して考えたこともなかったような。ましてやそこに暮らすことになるだなんて、ありえない話だった。
そんな国にこの年齢(OMG!)になっておもいもかけず引っ越してきて、いままで経験したこともなかった美しい夏を体験させていただいている。 
あぁ、人生って本当に奇異なものですね。

夕暮れ(といっても9時ごろ)のカルマル


2012年7月25日水曜日

僕らが鳥になったあの夏


 


若いというだけで素晴らしいって本当だろうか。
僕らは疑問に思う。

若いというだけで素晴らしいんだよ・・・それでも大人は云う。
そんなの全然わからない。
悩みや課題が山づみなのに。

大人はいつも知ったような口をきく・・・・。

そんなことをぼんやりと考えていた。

僕の体が宙に浮いた瞬間、ひょっとして大人の云うこともまんざら嘘じゃないのではとふと思った。

それから僕が完全に碧になるまでにかなり長くの時間が経ったように感じた。





マルメのええところ♡(その2)

2月に移り住んだこの家から何度も旅行に出て、ここに帰ってくる度にこの家が自分の中でマイホームになっていく感覚を最近味わっています。
最初の頃はマルモ中央駅やコペンハーゲン空港に降り立つ度に「ここはどこ?あたしは誰?ヒースローじゃないの?ウォータルーじゃないの?」という非現実的な感覚だったのに、最近ではホッと落ち着くようになってきたのって、人間はいくつになってもけっこう新しい土地に順応する力ってあるってことなんとちゃうかぁ?
何回もその場所に帰ること、これが心の家になっていく条件なのかもしれないわ。

コペンハーゲンの帽子屋さん


今回の「マルメのええところ」は「買いもの」よっ。
世界の巨大マーケット、ない物がないであろう東京とロンドンに住んだ後、マルメに来た時に「これでもう人なみの買物できないんだわぁ」とかなり落ち込んでいたわたし。
ところがどっこい。そんなんちょっとでも思ってしもたこと失礼すますた。
こと、洋服と家具に関して言えば、どちらかというとマルメ(コペンハーゲン含む)のエリアのほうが超メガロポリス東京ロンドン、はたまたニューヨークよりも断然買物がしやすい感があるわ。
(ちなみにもしあなたがプラダやグッチなどのビック・クチュールしか着ない場合はお勧めしませんよ)

アパレルのブランドのリテーラーは少ないのだけど(ほとんどない)、セレクトショップがかなり多いの。で、みなさん何気に趣味が良いもの置いてらっしゃる。
スウェーデンのデザイナーのものだけを扱ってるお店も数件あって、もともと北欧系のデザインが嫌いじゃないので、見て回るだけでも楽しい。
しかも、セールの時にもちゃんとあたしのサイズが余ってる・・・がははは。
ロンドンのお店ではMとLから確実になくなっていき、しかも「セールなんて関係ないのよ。欲しいもんは買うのよ。」のC国のお金持ちの皆様が買いあさるおかげでセール前なのにもうXLとXSだけです、みたいなのん、ない?

洋服はというと、気に入った店を探しあてるまで時間がかかるかもしれないけど、根気よく探してたら結構見つかって、いざという時はあたしの味方デカいZARAもあるので(がはは)すっぽんぽんで冬をすごすことはないでしょう。
と、言っても服なんて全然買わないけど・・・。
ちなみにあたしH&Mでは買物しません。理由なしよ。単に嫌いなの。
同系列のCOSは好きなのに・・・。

マルメのSvensson i Lammhult店内


さて買物の醍醐味、それを味わえるのはなんといっても家具の買物の時よ。
世界に名だたる庶民の味方IKEAから、今日本で人気らしい北欧デザイナーの高級家具の店までこんな小さい街なのにすべてがずずいずいと揃ってしまうマルメ。
最近もSvensson i Lammhultというデカい高級家具屋が街の目抜き通りにいきなりできて、ビックリ。
こないだマンハッタンからあたしを訊ねてきた家具にうるさいビアンカップル達があまりの品揃えに感動してたぐらいよ。
品揃えの絶対数から言えば、ロンドンにはかなわないかもしれないけどその対応から配送までがシステム化されきっていない分(田舎っぽい分w)何かと買うものには好都合で、お店に在庫さえあれば次の日にでも配達してくれる効率の良さ。
うちから200メートルぐらいのところにカーテン・ドレープリー屋があるんだけど、そこで窓のサイズが判らないから測り直してきますって言ったら「30分後にこちらから伺って測ってあげますよ。」と言われて20分後に来てくれた(もーラヴ)。

あたしたちが東京に住んだ時におさーんもあたしもどこで家具を買っていいのか判らず、誰に勧められたのか忘れたがお台場のあの◯◯家具に行ったら、アドヴァイザーが一人付きそい店内を廻り、なんだか判ってるのか判ってないのかどーでもいい「個性もへったくれもない」アドヴァイスをくれて、アドヴァイザーが2週間後に家に来ていろいろ「今どき流行のそれっぽーくなるように」アドヴァイズくれたけど最終段階で結局気に入らず(あのやんわりと押し切る感じの態度も気に入らず)断ったこと思い出しちゃったわ。

あぁ、めんどくさ。

そう、そういうめんどうくさい「ひとひねり」があまりないところが「マルメの買物のええところ♡」
ちなみに買物はすべて英語でオッケーです。

2012年7月20日金曜日

Jordgubbar

以前「スウェーデンは美味しいものはコーヒーぐらいしかないっ」みたいなこと書きましたけど、それ当たらずとも遠からず。 
(;´༎ຶД༎ຶ`)
食い物は決してマズくはないが皆「ふつー」。もう正直もうしあげてフランスから帰って来た後は悟りの境地よ(爆)。
でも、そんなスウェーデンでまたまたすごい美味しいものを見つけてしまった。
それは、イ・チ・グォォォォォォ!!!

このイチゴって食べ物、日本以外の国で美味しかった試しなし。
アメリカやイギリスで教えてるとき生徒が、
My most favorite (favourite英式)fruit is STRAWBERRIES!!!!
(一番好きな果物は・・・イチゴっ!)
などと言いやがると、正面からデコパチ入れたくなるわよ。
おんどりゃ、これのどこが美味しいねんっ!!これやったらバナナのほうがよっぽど美味いやろ!(バナナに失礼やんなぁ)
英のも米のもイチゴ部分が堅くて、表皮に付いてるつぶつぶもゴマみたいに堅いのが難点。もちろん甘みもはかないぐらいしかない。
「キャロラインが今日スコーネ(うちの住んでる地域)のイチゴをくれたよ」と職場からおさーんがイチゴを大量に抱えて帰って来た。
「どーせまた堅くて、ごまごましてんだろっ。噛んだらジョリって言うんだろっ!」
と、一つ口に入れてみたら・・・。

あまぁぁぁぁいっ♡(あのねのねの原田風に)
しかも、堅くないっ。
あぁ、びっくらしました、ヨーグッベ(スウェーデン語でイチゴのこと単数)。
このヨーグッバー(複数)をハーゲンダッツのアイスとぐっちゃぐちゃのごっちゃごちゃにして食べて、あぁ幸せ♡

さようなら、あたしの腰のくびれ(20年ぐらい前から見てへんけど)。
食べ物のネタ続いてごめそ。

2012年7月18日水曜日

南仏への逃避(食べ物)

あたくし、このブログではなるべく食べ物のことを書かないようにしているんだけど、普段スウェーデンというガストロノミーにあまり力を注いでないようにお見受けする国に住んでいるので(言葉マックスに選び中)フランスに行った時に我が舌獲物を渇望する大蛇の如しになってしまいました。
食べ物が美味しいのって、ほんとうに素晴らしいわよ(号泣)。
日本にいらっしゃる皆様はこの写真見ても「こんなんより美味そうなのぎょーさんあるでぇ」って絶対に思わはると思うから、以下にあげるレストランは「おすすめしませんっ!」。
ちなみにあたしあまりレストランで写真撮ることを佳しとしないんだけど、ほれ、普段見たこともないような麗人が目の前に現れたらそりゃ写真撮りたくなるってのが人間ってもんじゃないの?え?
ということで、今回ゆるしてねぇぇ。

Bacon ⇧
エヌちゃま母娘おすすめの世界の金持ちから愛されているアンティーブの魚介レストラン、ミシュランも一つ星のバコン。
地中海を眺めながらのディナーは身も心もお直し前のカトリーヌ・ドヌーヴでトレ・びや〜〜〜ん♡
このブイヤベース、あたしがマルセイユの漁師をだまくらかして作らせたものとは大違いで、お品がよろしすぎ。具、お皿浅いのに見えなさ過ぎ(し〜ん)。
でもおスゥプのほうは絶品だった。
ただあたし、突然エビアレルギーになってしまったらしく、海老抜きで(涙)。
忘れられないのは、アペリティフのロゼのシャンパン、グラスで29ユーロ。ウィっ♡口に入れたりグラスに出したりしながら、ゆるりと優雅にたしなんだのだった。
またうちのおさーんが金融業に戻ったら是非行ってみたい。あ、そんなこと二度とないからもう行けないわ。あはははは。し〜ん。
お値段が華麗すぎでカトリーヌ・ドヌーブ以外にはお薦めしません♡ばっこ〜ん。

La P'tite Cocotte
ニースはVieux Niceの小さい階段の上にあるラ・プティト・ココット。
シェフの評判が良いらしくテーブルも少ないので予約が取りにくい(らしい)。
ウェイトレスのお姉ちゃん2人もものすごい良い感じ♡
ロゼのシャンパン6ユーロ(多分)でがぶ飲みしてしまった(がははは)。
ちなみにこの下段のスズキさん、その焼き上がりのほくほく具合を思い出すだけでももじもじしちゃう(意味不)。ソースも素材も言うことなしのシンプルさ。ちなみにお値段のほうは二人で100ユーロてもってけ泥棒だろう。コースもう一周しそうになったわよ。
ということで、あたしの予約が取れないとイヤなので、お薦めしません。

La Garganelle

こちらはトリップアドバイザーやら他のサイトでかなり評価の高かったレストラン。
値段もかなりお手頃で、ウェイトレスのおねえさんーおばさんも親切だった。
一般的に南仏のレストランはパリのそれと比べて給仕の方の対応や愛想がかなりよろしい。
上段は鯛のサラダ。サラダの下に鯛の切り身が隠れています。
サイズ判り辛いけど、これメインにしてもオッケよ。
右下はまたまたスズキの切り身(すっきやねん)。味がお塩だけで、最高だった。
今度は白米と醤油を隠してもっていこうかしらな〜んて、セ・ボニデ♡
この温野菜がたっぷり添えられてるのもグーっ。
一個一個のポーションがデカくて(ガイドにも書いてある)小食のあなたには絶対にお薦めしませんっ!
メニューフランス語のみ。フランス語ができない人にもお薦めしませんっ(ってあたしじゃん)。がははは。

オマケ:L'escalinada 

誰もが行くであろう、Vieux Niceにある観光客で満載のL'escalinada。
ズッキーニフラワーの季節には、そのフライで有名です。でもちょと衣が厚過ぎる。
なぜか今回もここに行ってしまったあたしたち。
手作りパスタはちょいときしめんみたいで、量も多過ぎだけど、イケメン・ウェイター達のたどたどしい英語とスマイルでイチコロよっ。こんなに忙しいのにあれだけよく愛想よく対応して、ほんとうに恐れ入る。
上はカルボナーラ。生卵のってますからお薦めしませんっ!

メニューは持ってはいるのだが話に夢中で決まらない@プティ・ココット


2012年7月17日火曜日

南仏への逃避(後編)

ほんま熱海によー似てるニースの海岸


実は3年前に南仏に来た時ニースに泊まっていたあたしたちは、一日観光で電車でカンヌに行った時に、カンヌからギラギラした金満的お下劣な印象を受けたのだった。
今回エヌちゃんたちに裏通りやらを車で走ってもらって、素敵な所も多いんだなぁと再確認できて良かった。
前回のカンヌにてのブログ


何回も食事したVieux Niceのこのコーナー
午後の立ち話

前回はカンヌのほうがニースよりも印象があまり良くなかったあたしたちは、今回ニース出身のオリビエやエヌちゃん母娘が「ニースは治安が悪なったのであまり行きたくない」と言うの聞いてビビってしまったのでした。

そんなわけでドキドキしながら電車に揺られて35分、Nice Villeの駅に到着してみたら明らかにフランスの大きい駅前にありがちな危険な香りがいっぱいだったの。
駅前でタクシーに乗ろうとしたらいきなりウンちゃんが「歩いて10分なんだから歩いて行けば?」と失礼な返事。この危険なところをスーツケースずりずり引きずりながら10分も歩いたら身ぐるみ剥がされてコンクリート詰めにされ地中海に捨てられたらかなわんと必死でタクシーで行きたいと言うたら「タクシーでだとぐるっと廻るから20ユーロぐらいはかかるよ。」なんてまるで乗せる気なし。
20ユーロ払うもったいなさがコンクリート詰めに勝った瞬間だった。

ボスコロの白亜のベッド(爆)

ビビりながら駅のエリアを出た途端素敵な住宅地の趣きになって、しかもあたしの長い足でだったら10分以内でホテルに着いたからウンちゃんにも感謝するべきかしら。
ということで、今回も再びBoscolo Exedraに泊まってしまいました。
こないだのブログで「おすすめしません」とか書いたくせに凝りもせず泊まっちゃったのよーっ。
というのもHotels.comのラストミニッツレートでまたまた半額ちかくだったからなのっ。(もしかして、不人気?)
前回泊まったお部屋ではシャワーを浴びてるあたしの艶かしい肢体がベッドにいるおさーんから丸見え(おえぇぇ・・・食事中の皆様ごめそ)だったのだけど、今回はシャワールームは隠れててほっ。お部屋も広めのツインで、かなり満足。
しかも前回はオープン直後に泊まったせいだかなんだか、従業員もなんとなくつんつんしてたのに、なんと今回は足下すくわれたようにサービスから対応の感じまでフレンドリーで良かった。
前回ボスコロに泊まった時のブログ。
ちなみに今回も同じタオル係のハンクがいた♡
(ホテルを選ぶ件でお世話になったむーさん、本当にありがとう♡ボスコロがむーさんのお薦めに入ってなかったら2回目はなかった)

お昼休み


日差しと影のコントラスト
暑さのお陰でショートパンツまで汗びちゃびちゃ(失敬)

それにしても、治安が悪かろうがしょんべん臭かろうがこのニースがかなり好きだわ。
都会としてのファシリティを全て完備しているから。
旧市街と新市街、高級住宅街と移民街、数多とあるレストラン、都会的なアティチュード、などはやはり心がワクワクしてしまう。
リッチばかりでもプアばかりでも街は決して面白くはならないということを再確認したような旅だった。
もちろん滞在中なんの犯罪の被害にも遭わず、大変快適に過ごしました。

Vieux Niceのちょいと薄汚れた、光をも密封してしまったような感じの裏通りが大好き。イタリアのナポリやらジェノバを彷彿とさせ、なんだか懐かしい戻って来た感で一杯だった(その昔イタリア領でNizzaと呼ばれていたのだから無理もない)。
旅は同じ場所に2度行くことをおすすめするわぁ。
2回目行くと「戻って来た感」と「知ってる感」が高まって、さらに自分とその街の関係がパーソナルになっていくような気がするから。

ちなみにうちの隣町コペンハーゲン。
最初行った時は普通を通り越して全然好きじゃなかったのに、3回目ぐらいからコペンが思っているよりも大きいことを知り、いろんなお店も発見して今じゃすごい好きだわよ。最初悪口言うてごめんねーっ。
さて、一回目は期待通りの好印象でなかったバルセロナにでも二回目行く計画でも立てようかしら(財布もすられたし)。


なんかわからん屋さん
華は夜開く

とにかく、喰った!買った!観た!のコートダジュール。
しかし、喰ってばかりいたせいでサイズがデカくなっててショック・・・。
棚に自分のサイズが余ってるのは良かったが(爆)、やっぱり許せないわぁ。
スウェーデンはいつも肌を隠してるものばかり着てるので、いきなり夏服になるとヤバい、と思い知らされた旅だったわぁ。

次回はニースで行ったレストランなどの情報。
「おすすめしないシリーズ」で♡


2012年7月16日月曜日

南仏への逃避(前編)

プライベートのビーチと別荘群

ホテル(クラブと呼ばれている)プールサイドでトランプに興じる娘達。 ガ◯なのに優雅。

南仏に行ったことをブログに書こうと思いながら、スウェーデンに帰って来た直後にニューヨークから友人が来ていたりでバタバタしてて時間なし。
今頃アップごめんあそーせ・・・って誰に言ってんのかわからないけど。

ぎっくり腰で1ヶ月前に南仏マルセイユに行くはずだったのにあえなく断念。
そのチケットを払い戻してはもらえないけど、他の日に振り替えてもらえるということだったので(ちょっと払いましたが)ニース、コートダジュールに行く事にしました。
コートダジュールに別荘をお持ちの富豪のエヌちゃん母娘がよんで下さったのよ。
肌寒いスウェーデンからブリジット・バルドーの如くにニース・コートダジュール空港に降り立ってみたら、そこはカラッと晴れた北方在住のあたしには嫌みったらしいぐらい理想の夏だった♡

ピカソ美術館から地中海をのぞむ

さっそくカンヌの西にあるエヌちゃんの別荘があるゲート・コミュニティのホテルにチェックイン。70年代に建てたれたとのことだがまるでそういう感じがしない。これでもか、ってぐらいファビュラスな別荘だった♡
管理が行き届いているって、すごいわねーっ。日本、しかも海辺だったらこんなに綺麗なまま40年以上も保存されているだろうか。
ちなみに目の前は地中海に面した住人のためだけのプライベートビーチ。
紺碧の地中海を独り占め。(これは父ちゃんの海やぁ、父ちゃんのカツオ船やぁ、の志摩の海とはちょいと指向は違いますが両方好きよっ!)
まるで夢に描いていたとおりの南仏がこれでもかというほどの勢いで目の前にあったのだった。
海さ〜んっ!太陽さ〜んっ!ジュディ・オングさ〜〜〜ん!(☜何となく)

世界のお歴々達(セレブという安っぽい言葉は使いません)が集うコロンブ・ドール
 決してお客にカメラは向けてはいけません


その後はエヌちゃん母娘が案内して下さり、素晴らしいレストラン(お値段のほうも素晴らしいBacon)やらピカソ、シャガールに愛されたLa Colombe d'or (予約1ヶ月前必須で食事できず、アペリティフのみ)マーグ財団美術館やアンティーブのピカソ美術館(閉館直前に行ったのでお庭のみ) に行った。
南仏っていろいろな芸術家に愛されたのは良いけれど、それって世界中の富豪が集まって自分たちの作品を買ってくれるからでは?決して「コートダジュールの光」とやらの為に来ただけではないのでは?な〜んて心も実際も貧乏なあたしは思ってしまった。

あまりにも美しい地中海に飛び込みそうになるおさーん。止めませんよ。


それにしてもエヌちゃん母娘なしではコロンブ・ドールなんていうファビュラスなところ知りもせず死んでたところだろうから、今回の旅をコーディネートしてくださって心から感謝します。
(-人-)

そりゃピカソに愛されるわなぁ、あたしも愛するぐらいだから、のサンポール・ド・ヴァンス


エヌちゃん邸のテラスにて「あるものだけでごめんなさいねぇ」のランチ。おいおい(汗)。
さて、この後エヌちゃん母娘と別れ、おさーんとニースへ。
ファビュラスな旅は終ってしまうのだろうか・・・。