2012年12月14日金曜日

ルーヴルの人々


トゥーソンの続きを書かなきゃと思ってた矢先にパリに行ってしまい、機を逸してしまった感がある。(また後で書きます・・書き足りないのトゥーソンw)

パリの街は美しいやら、食べ物は美味しいやらはいつもと変わらずここでわざわざ書く事もないわ、って感じなので今回は久しぶりに行ったルーブル美術館にいた人々を撮った写真を載せるのみにします。
一般的に(あぁ嫌い、この一般的がっ)パリの人々は排他的でフレンドリーではない、はては意地悪であると言われているみたいだけれど、昨今これは噂だけにとどめておいてもらいたいもんだわ。
世界の他の大都市と比べると行動パターンが特異な人達ではあるかもだけど、あたしにしてみたらフツーの、ひょっとするとフレンドリーな人達ではないかと思うんだけど・・・。



パリの街がこの数年その独特なカラーを失いつつあるのは事実。
住んでいないあたしはそれがすっごく良く判るわ。
街もスターバックスやらH&Mやらマクドナルドなどの大手フランチャイズに押され、「パリならでは」が徐々にしかも確実に減りつつある。
その分、そこにいる人達も平均化してしまって「意地悪」で「偏屈」なパリジャンはどこかに行ってしまったのかしら。






美術館に行かない限り、あたしたちの思い描く「素敵なパリ」はもう見れなくなってしまうんじゃないかと、余計なお世話で心配してみました。