2013年10月18日金曜日

Wind is blowing from The Aegean 3


栄枯盛衰

スウェーデンでの生活に文句を付けるやつなんて人でなしである、と以前にマルメのタクシーの運転手さんでバングラデシュからの移民の方に言われました。
そうおっしゃるのもごもっとも。スウェーデンどこに行っても中庸程度のクオリティのものが用意されていて、悪いものや目障りなものなどどこにもありません。街も日本ぐらい清掃が行き届いていて、人間の美しさもさることながら清潔で「おいにーのついきー」な人なんてほっとんどいません。

そんなスウェーデンやスウェーデン人にまったく文句ってないのよ。
文句はないのだけど、この国民の特徴である
「最高のものやホンモノをわざと追い求めず、中の上なもので満足しましょう。」
という空気がそこかしこを支配していて、どうもこれに慣れないし、慣れてはいけないような気が本能的にしてしまう。(最高ではないものを『最高』と言ってしまう傾向もあります・・・特に食べ物でw)
この「心揺さぶるようなこともないけど、悪い感情も起らない」というところに、スウェーデンの美意識があるような気がするのだった。
平穏に生活させていただいてるのだけど、常に感情のはけ口やエキサイトメントを探している自分もいたりして・・・
・・・てなことを、テオが今は亡きお父さんが亡くなられるまで住んでいたという今ではすっかり朽ち果てたミコノスの豪邸にたたずみながら漠然と思ってしまった。
昔は栄華を極めたのに今はその影すらないものを見るのは辛いのだが、ひょっとしてこういうのがあたしの性には合ってるのではないか、とか。
哀れになることも決してないが、栄華を極めることも絶対にないスウェーデンよりは。

こういうこと悶々と考えられるだけでも贅沢なのかしら、ね。
皆さんどう思う?爆。

ところで、今回ここでサプライズパーティをしたことの彼らの理由の一つはこの家の再建をこれからどうするかということを話し合うことだった。
売りに出そうと思っていたのに、やっぱり思い出が沢山つまったこの家を売るのはつらいらしく・・・。
あぁあ、あたしがン億持ってたらなーっ!
持ってないのが不甲斐ない!
(なんか何百万は持ってそうな書き方だったw・・・それもないっ)。

成長の記録
これ再建するのは多額の費用がかかるやろなーっ
また来年♡

2013年10月12日土曜日

Wind is blowing from The Aegean 2


中国からのゲイボーイズ達 
ギリシャは今でも深刻な経済危機に瀕していると言われているけど、ミコノス島ではまったくそういう荒んだ空気を感じ取ることができなかった。
それもそのはず、この島の経済は多数の中国人観光客によってまかなわれている、と言っても過言ではない。
どのレストランに行っても必ずと言って良いほど中国人の団体さんがいらして、大人数で食事をしていた。
あたしがレストランに入ると必ずと言って良いほど「ニーハオっ!」って言われるww
「日本人なんだけど」って言うと「え!珍しいねーっ。昔はよく日本人来てたけど今は全然来ないねぇ。日本人はすごいお行儀いいね。でもあんまり食べない・・・。中国の人は食べきれないぐらい注文するんだよ。」って言うてた。
なんかビミョー。
決して人種で差別はしたくないし、してないつもりだけど、このエーゲ海の真珠と呼ばれたミコノス島に行ってまさかこんな大人数的中華人民共和国観光客遭遇的圧倒其処此処興醒。
中国人のお友達も沢山いるから言いたくないんだけど(くどいっ!)あの人達ってやはり公共での態度がB級の方が多いと思う(すごい言葉選んじゃったw)。店員さんやウェイターを人とも思ってないような態度で扱ったりしてるのまざまざと見てしまって(しかも奴らは英語が結構できる)なんだか同じ東洋人として恥ずかしくなってしまう。
その後あたしが「お・も・て・な・し」な態度でギリシャ人店員さん達に接して日本人の株さらにあげといたわよ、みなさん♡ 頼まれてへんけどww ボンソワレェ。
この大人数の中国からの皆さんを見て、初めてフィレンツェ行った時にフェラガモの中にいた50人ぐらいの客がほぼ全員日本人だったの思い出した。
で、天下のフェラガモ本店なのに「日本で買うより20%はお安いですよー。」なんて日本人の店員が言っていて、ものすごい興ざめだった。(いや20%安いのはよろしくってよ♡)
あぁ、あれにもドン引いたけど日本人にしたら良い時代だったわねぇ・・・。

車を飛ばしてやってきたプライベートのビーチ

ということで、この大人数的人民観光客を回避する為にはレンタカーをして、ミコノスタウンから抜け出して島中にあるビーチに行き、ジュディ・オングごっこしましょうっ!(意味不)
そのためにはマニュアル車を運転する技術を身につけましょうっ!
いや、冗談じゃなくマニュアルカーが運転できるだけで欧州旅行が3%楽しくなり、しかも5%ほど安く上がるで早漏(生活に役立つブログ)。
レンタカーはこのMustangさんで借りましょうっ!
多分ホテルに車持って来てくれます。
ちなみにミコノスではモーターバイクを借りる人が非常に多いんだけど、あたしゃヘルメットが被れない(頭デカくて)のとおさーん乗せなきゃいけないので車で。
ちなみにみなさん、ミコノスでマニュアル車運転できたら世界のどこ行っても運転できます、ってぐらい道が狭いくて坂多し+みんな運転荒い・・です。
命削る思いでたどり着いたビーチのレストラン(プライベートビーチ付き)二つ。
Super Paradise(前回のブログに写真)のJacky O Beachと St. JohnのHippie Fish。食べ物も美味しいし、サービスも良い。
ミコノスはどこに行ってもレストランのサービスがプロフェッショナルで素晴らしく、予想外にびっくりしてしまった(失敬)。
ここの豚の丸焼きは最高♡こんなに美味しい豚肉、初めて食べた。
是非行ってもらいたい。

今回食べたものの中でベスト3に入ってるHippie Fishのヒメジの唐揚げ

ちなみに島には中国からの観光客も多いが、それ以上に人懐っこいニャンズが無数にいる。
良いもの喰ってるんであろうか。みんな毛並につやがある。

つづくw

勝手に「モジリアニ」と命名したw
勝手に「きんぎょ」と命名
勝手に「万年係長」と命名 どこまでもついて来た

Wind is blowing from The Aegean 1


この白壁と青い窓枠と名物の風車・・やっぱり統一されてるって美しい
ジュディ・オングの「魅せられて」のヒットから34年後、ついに紺碧のエーゲ海にお会いすることができた。
シーツの両端を持って「うぇでぃすぼーいんふぉでぃえーーじぁぁぁ女は海ぃぃぃ」ってジュディのマネしてた小学4年時代なんて昨日のことのようなのに、あ〜た、もうバリっバリ中年。
Ω\ζ゜)ちーん
人生長生きするものだわなぁ婆さんや。
それにしても小学4年の分際で「好きな男の腕の中でも違う男の夢を見るぅ〜はぁぁぁ〜うぅぅぅぅん〜はぁぁぁ〜わたしの中でお眠りなさい」なんて良く恥じらいもなく歌ってたわよねぇ。この歌皆で歌いながら下校したの覚えてるもんww
あの頃まだ大衆文化の中には大人のエッセンスが確実に存在していたのねぇ。クリスマスイブ東京のホテル満室時代以前の話よ。しみじみ。

泣く子も黙るSuper Paradise って名前のビーチ+ラウンジ

前置き長くなりましたが、我が朋友ファビュラス・テオのサプライズ誕生会がギリシャのミコノス島であったのでちょっくら行ってきました。
コペンハーゲンからアテネまで直行で2時間40分、そしてそこから国内線で25分で「エーゲ海の真珠」「世界のパーティアイランド」と謳われたミコノス島に到着します。
地図確認♡ トルコともこんなに近いのよ。


大きな地図で見る

このサプライズパーティ、彼の母親のステラが4ヶ月前ぐらいから内密にテオの友達各位にメールしてプランしていたもの。テオと電話で喋ったときに知らないフリするのすっげー大変だったわーっ。
彼女のご尽力が功を奏して、このサプライズは絵に描いたように大成功っ!本人もまさかの大勢メンバーにすごい感動してた。
(でもあたし自分がサプライズパーティの中心になる勇気なし・・・。普段はエラそうなのにこういう時は「わざわざごっめんねー、ほんとわざわざごめんねーっ」と萎縮しちゃうチキンタイプ。あなたは?w)
4日間、ランチとディナーのコースがステラと彼女のボーイフレンドのヴィリによって綿密に予定されてあたしたちはまったく食いっ逸れることはなかった・・・どころか普段の平凡な(言葉超超選び中)スウェーデンの食べ物のおかげで勢い付いてるあたしたちは予想どおり食い過ぎた。うぇ〜っぷ。
ちなみにこの間の食事代は全員(20人)の分をヴィリが全部もったのよ。
(;´༎ຶД༎ຶ`) ありがだやぁぁぁ。
前にも書いたけど、オーストリア人のホストは絶対にゲストにお金を出させないっていうのがカルチャーらしく「今回はあなたが出したから次回はあたしが」なんてことは死んでも起らない(ラッキ♡)。(それで大失敗した話☜クリック)

楽しすぎると実際に目の前の世界が現実なのか夢なのかわからなくなる、そんな1週間であった・・・。

次回はミコノス島でちょっと真面目に考えたこと、使える情報など♡






この哀愁をおびたミュージシャンの演奏が心にしみ入り泣けた